2013年07月26日

奥山清行氏デザインのヤンマートラクターがかっこいい件

yammer.jpg
ついに待ちわびた、奥山清行氏デザインのヤンマーのトラクター
コンセプトモデルが発表されました。

このプロジェクト、ヤンマーの100周年を兼ねたデザインプロジェクトの一環のようで、
トラクター以外にもクルーザーやマリンウェアも同時に発表しています。
どれもかっこいいですね。今までのヤンマーに対するイメージは
完全に覆りました。
このトラクターなら、運転してみたいす。

ランボルギーニもトラクターを出していて、
世界一かっこいいな、と思っていたのですが、
それを上回っているかも知れない。。


そして、何とこのヤンマーのWebサイト、
制作は中村勇吾氏率いるthaなんですね。
ぬかりがないなぁ。。

Sound of Honda - Ayrton Senna 1989 - ホンダの本気

このムービーは、鈴鹿サーキットで1989年にアイルトン・セナが記録した
世界最速LAPの走りを音と光のみで再現する、というものです。

結論からいうと、ホンダの「internavi」という交通情報サービスの訴求です。


「アイルトン・セナが残した走行データから、24年前のエンジン音が甦る。 」

このムービーの概要を表すコピーで、
売る気を全く入れていない、完全なるブランディングを目的としたコピーのように思えるのですが、
このムービーを見て、internaviが欲しくなりました。

素晴らしい試みで、まさにホンダの本気が感じられました。
鳥肌がたちました。

このプロジェクト、一体どういう経緯でどういう提案を経て
実現されたのでしょうか。
感服いたしました。

「あの日、セナの走りを支えていた技術を
 今、すべてのドライバーのために。」

ムービーの最後に出てくるコピーです。
涙が出そうになりました。。。

メイキングはこちらです。
是非あわせてご覧ください。

2013年07月24日

サカナクションのライヴ映像の編集ができるWebサイト

sakana.jpg

サカナクションの幕張公演の映像を自由に編集できるサイトがありました。
12台のカメラで収録された映像を、ワンクリックで切り替えることができて
しかも自分が見ていた、切り替えていたその映像を保存やシェアすることができます。

映像を編集するのってこういう感じなのかな、のような気分を味わえます。
それにしても臨場感がありますね。

2013年07月08日

ホンダ 65周年記念映像が素敵 -HONDA

世界のホンダがこの9月に創立65周年を迎えられるようですが、
これを記念して造られた映像が素敵過ぎます。

ホンダがこれまで作ってきた素晴らしい製品の数々を、
男性が手にするボルト1つから連想ゲームのように紹介してくれます。

エンジン1つ作れると、ここまで事業を広げることができるのか、と
感服いたしました。

ホンダ△です。

2013年06月11日

バスを待っていたら、自分が広告になった!?

スウェーデンのバス停で実施された
adobeのPhotoshopプロモーション施策。
そのクリエイティビティが明確に訴求されています。

バス停に設置されている広告ディスプレイを改造してモニタを設置。
そこには、バス停にいる自分が広告の一部として映し出されています。

しかも、Photoshopで加工される過程も見ることができます。

adobe creative dayのプロモーションイベントの一貫ですが、
作っている側も、そして不意にドッキリに参加させられている側も
暇なバスを待つ時間をとても楽しい時間に変えています。
仕掛けている側も、ものすごい楽しそうなのが印象的ですね。


それにしても、このPhotoshop Artistの実力がすごい。
さすが、の一言です。

2013年06月10日

佐川急便がGoogle AdWords広告の販売代理店になったとか

sagawa.jpg
初見で我が目を疑ったのだが、本当のことでした。
よくよく考えると、確かにこれは新しいビジネスモデルだし
双方にとってWin-Winとなりえる新たなロールだと思いました。

配送業務を主に扱う佐川急便が、GoogleのAdwords広告の販売代理店業を始めました。

プレスリリース
【佐川急便】佐川急便がGoogleのPremier SME Partnerに
お客さまの広告業務を佐川急便がサポート(2013/06/10)

広告支援サービス(AdWords広告)の販売用サイトも開設。

推測するに、恐らく佐川急便のクライアントの多くは中小企業で
しかもあまりネット関連に明るくない方が多い企業ではないかと思われます。

しかしこのご時世。ネット分野を無視していると、あっという間に置いてかれる時代。
全然知らないどこぞの横文字企業のエリート営業社員に
よく分からない横文字ばかりで説明されるよりも、
普段慣れ親しんでいる、ポロシャツを来た元気なお兄ちゃんや
そのお兄ちゃんに紹介された営業マンのほうが
いくらか聞く耳をもってくれることでしょう。

まさにロングテール、塵ツモをねらった素晴らしい取り組みだと思います。

これが成功すれば、いや成功しなくとも間違いなく
同業他社(クロネコさんとか)や似たようなビジネスの会社(ヤクルトや酒屋さん等)が
参入してきて、あっという間にレッドオーシャンになる予感が。。

via Yahoo! News

2013年05月27日

ゲーム内の障害物が広告!「進撃の考察for進撃の巨人」

kyojin.jpg

「進撃の巨人」という漫画、ストーリーが非常に緻密に組まれていて、
読んでいてワクワクする漫画のひとつです。
ただ、本当に謎が多く、自分では全ての謎やヒントなどを見つけ切れていない気がしてました。

そこで、この諸々の謎や伏線などを元に考察されたのが、
「進撃の考察」アプリです。

漫画は非常に面白いのですが、このアプリも本当に面白い!

考察を読むには、アプリ内のミニゲームを進めていかなければならないのですが、
このゲーム、何と障害物がアプリ内の広告です!

本当に広告が邪魔で、誤って何度もタップしてしまいます。
ある種新しい広告課金モデルだと思いました。

あえて、スクリーンショットはのせません。
ご自身で、体験なさってみてください!

アプリダウンロードはこちらから

2013年05月24日

レスポンシブ・デザインのメリット、デメリット

もはや言うまでもないほど一般化したレスポンシブ・デザインのWebサイトですが、
改めてまとめてみました。

まず、レスポンシブ・デザインとは、スマートフォンやタブレット、PC等の
あらゆるデバイスに対応する制作手法のことを指します。
正確には、ワンソースHTMLで実現する制作手法、と言えます。

技術を簡単に解説すると、ブラウザーのスクリーンサイズにあわせて
CSSでレイアウトを調整することで実現しています。
スマホの急速な普及により、注目されるようになりました。

では、そのメリット・デメリットですが、
主観的には以下のようになるかと思います。

メリット ・ワンソースでマルチデバイス対応が可能なため、ランニングコストを削減できる
・端末依存が原則ないため、今後市場投入される端末にも対応可能
・SEO効果が高い
デメリット ・デザインが一本化されるため、端末ごとの最適化ができない。
・リッチなサイトが作れない
・イニシャル時の制作工数が上がる。
・データ量が増加するため、回線環境によってはローディング時間が長い。

自分的なメモの意味も込めて。

2013年05月23日

Microsoftの強烈なiPad比較広告


マイクロソフトが「Windows 8: Less talking, more doing」と名付けられた広告で、
「(無駄に)しゃべらない代わりに色々できる」という強烈なメッセージを展開しています。

動画ではiPadとWindows 8搭載タブレットを横に並べ、同じ作業をして比較します。
Siriの声に似た人が、Windows 8に出来てiPadに出来ないこと、
2画面モードが利用出来ない点やパワーポイントが編集できない点について
機械的なあの特有の話し方で、謝罪しつつも飄々としています。
Siri的に「ごめんなさい、1度に1つの作業しかできません」と言われますが、
笑えてきます。
そしてトドメのメッセージは、iPadより安い、ということ。


ちなみに、この動画はマイクロソフトのYoutubeチャンネルで公開されたものですが、
iPad vs. Windows」という、iPadと4台のWindows 8 タブレットを比較した
更に強烈なページへのリンクもありました。

via ガジェット速報 

2013年05月22日

ヤフー:ユニファイドキャンペーン提供開始

Yahoo!がスポンサードサーチで新たにユニファイドキャンペーンというものを提供開始しました。

昨今のマルチデバイス化に伴い、デバイスやシーン・時間帯に応じた広告文の出し訳や表示先の絞り込みなど
同一キーワードでも多彩な訴求をサポートしてくれるようになったとのことです。

以下が4つのポイント。細かくやれば、CTR、CVRは確かに向上すると思います。

ユニファイドキャンペーン 4つの基本ポイント

・ 1つのキャンペーンで全てのデバイスに広告を配信
スマートフォンとタブレットにおける配信先設定(OS設定)の概念もなくなるため
iOSとAndroid統一で広告の配信が行われるようになります。

・PC、タブレット、モバイルの入札価格を統一
デバイス別の入札価格が統一され、シンプルな広告運用が可能です。

・スマートフォンの入札価格はキャンペーン単位で調整
スマートフォンの入札価格は、プロモーション内容に合わせ、キャンペーン単位で調整が可能です。

・モバイル専用キャンペーンも作成可能
広告タイプ「ショートテキスト(12・12)」の広告のみで構成されているキャンペーンは、
PC、タブレット、スマートフォンには広告が配信されないため、
モバイルのみに広告が配信されるモバイル専用キャンペーンとして運用できます。

詳しくはこちら

あわせて読みたい

Add to Google Reader or Homepage

クリエイティブ・コモンズ・ライセンス
このブログは、次のライセンスで保護されています。 クリエイティブ・コモンズ・ライセンス.